Pythonはじめる

| Pythonとは??

Pythonは1991年にオランダのグイド・ヴァンロッサム氏が開発したプログラミング言語です。

Pythonは「ニシキヘビ」を意味するそうで、Pythonのアイコンのモチーフにしているそうです。Pythonはインタープリタ型の言語で、インタープリタをインストールすれば、その場で機械語に変換し、実行してくれます。

なので、WindowsでもLinuxでも、Pythonのインタープリタ実行環境をインストールすれば、同じプログラムがどこでも実行可能というわけです。

 

| Pythonの特徴

Pythonは構文がシンプルで読みやすいと言われています。

インデントが構文上の意味を持ち、記述上で強制されるため、逸脱した記述になりにくく、誰が書いてもある程度は統一され、見やすくなるという特徴があります。

また、ライブラリが豊富で、様々な機能を開発するのが容易な点が良いと思います(開発効率が良い)。InstagramなんかもPythonで開発されており、大規模開発、社会的影響の大きいソフトウェアの開発もできることを実証しています。

C++やjavaに慣れている方であれば、クラスや継承の概念もサポートしているので、扱いやすいのではないかと思います。

 

| プログラム例

では、Pythonで書くとどんな感じになるのか、簡単なプログラム例を書いてみます。

 

 

実行結果はこのような感じです。

tkinterというGUI作成モジュールを使ってウィンドウに表示し、print文でコンソールにも表示しています。

 

クラスも定義可能で、グラフィカルもキャラクタベースでも簡易に書けるのが良いですね。見た目もすっきりして読みやすいです。

モジュールを分けて、クラスライブラリを作れば、簡単に再利用できるので、いろいろな機能を簡易に実現することができます。

サクッと作れますし、オブジェクト指向との親和性も高いので近頃はPythonばかり書いています。

 

以上、Pythonプログラミングをはじめてみるでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です